ペットフードはどこで買うといい?

2014/12/03

 

ペットの健康を維持してあげるためには、
毎日の健康管理は大切です。

 

特に食事は健康に影響が出やすいので、
良いものを選んであげましょう。

病気猫

今はペットも室内で飼うことが多く、
運動不足になりがちですし、
去勢や避妊手術の影響で
太りやすくなっていますので、
食事には気をつけてあげましょう。

 

ペットの食事はペットフードが便利ですが、
どこで買うのが良いかということとなります。

 

ペットフードをどこで買うかは
飼い主の方の自由となっていますが、
ペットフードは実に多くの店舗で取り扱われています。

 

低価格のペットフードの場合
スーパーやホームセンターで
手軽に購入することができます。

 

専門家の意見も参考にしたいという場合は
ペットショップでアドバイスを受けながら
ペットフードを選んでいくのも良いでしょう。

それから、療法食を食べる必要がある場合は
動物病院で処方食を購入するという方法もあります。

 

 

ネット通販でペットフードば便利&安全

 

このほかではインターネット通販も便利で、
好きな時間に注文でき、
購入したペットフードを
自宅まで配送してくれます。

犬

 

ネット通販のショップも
様々な商品が扱われており、

無添加のペットフード、プレミアムペットフードなど
高品質なペットフードを提供しているサイトもあれば、
療法食などが格安で
提供されているサイトもあります。

 

無添加のペットフードを紹介するサイトは
以下のようなところが参考になりおススメです。

 

 

・無添加ペットフードのをネットで買う方法を紹介
http://xn--t8j4aa4n8hye9ai1i6fzl.com

・無添加おやつの選び方
http://allabout.co.jp/gm/gc/443111/

 

 

 

 

 

ペットフードのタイプ とそれぞれの特徴

2015/01/03

 

現在、ペットフードは多種多様になってきており、
ペットの種類やライフステージ、
機能や目的に合わせた
ペットフードを選ぶことができます。

 

猫

 

 

一般的に食事として与えられているペットフードは
総合栄養食と呼ばれ、

基本的には総合栄養食と水を与えれば
充分な栄養が補給できるように作られています。

 

ペットフードは水分含有量と
加工法の違いによって
下記のように区分されています。

 

 

ポピュラーなのはドライフード

 

よく取り入れられており、
もっともポピュラーと言ってもいい
ペットフードはドライフードです。

ドライフードは製品水分が10%程度以下で
加熱発泡処理された固形状のものを指します。

 

カビなどが生えにくく
安全性に配慮されて作られており
日持ちもするため一般家庭ではよく使われています。

 

 

ソフトドライ(半生)タイプのペットフードの特徴

 

ソフトドライと呼ばれているペットフードは
製品水分25~35%程度で
加熱発泡処理されたペットフードです。

湿潤調整剤によって
しっとり感を保っていることが特徴です。

 

 

ウエットタイプのペットフードの特徴

 

ウエットフードは缶やパウチ、
アルミトレーに入れられているものが多く、

製品水分75%程度で
品質保持のために
殺菌工程を経て加工されています。

素材の味を楽しむために
ウエットフードを好んで与えている家庭も多いです。

 

ペットの好みに合わせて与えることもできるので、
ペットにぴったりのペットフードを選びましょう。