ペットフードはどこで買うといい?

2014/12/03

 

ペットの健康を維持してあげるためには、
毎日の健康管理は大切です。

 

特に食事は健康に影響が出やすいので、
良いものを選んであげましょう。

病気猫

今はペットも室内で飼うことが多く、
運動不足になりがちですし、
去勢や避妊手術の影響で
太りやすくなっていますので、
食事には気をつけてあげましょう。

 

ペットの食事はペットフードが便利ですが、
どこで買うのが良いかということとなります。

 

ペットフードをどこで買うかは
飼い主の方の自由となっていますが、
ペットフードは実に多くの店舗で取り扱われています。

 

低価格のペットフードの場合
スーパーやホームセンターで
手軽に購入することができます。

 

専門家の意見も参考にしたいという場合は
ペットショップでアドバイスを受けながら
ペットフードを選んでいくのも良いでしょう。

それから、療法食を食べる必要がある場合は
動物病院で処方食を購入するという方法もあります。

 

 

ネット通販でペットフードば便利&安全

 

このほかではインターネット通販も便利で、
好きな時間に注文でき、
購入したペットフードを
自宅まで配送してくれます。

犬

 

ネット通販のショップも
様々な商品が扱われており、

無添加のペットフード、プレミアムペットフードなど
高品質なペットフードを提供しているサイトもあれば、
療法食などが格安で
提供されているサイトもあります。

 

無添加のペットフードを紹介するサイトは
以下のようなところが参考になりおススメです。

 

 

・無添加ペットフードのをネットで買う方法を紹介
http://xn--t8j4aa4n8hye9ai1i6fzl.com

・無添加おやつの選び方
http://allabout.co.jp/gm/gc/443111/

 

 

 

 

 

市販のペットフードを選ぶ基準

2014/12/17

 

市販のペットフードを購入するときには、
着色料を含んでいないものを
選ぶようにしましょう。

 

ペットフード

 

市販のペットフードの中には、
着色料を使い
餌の色を鮮やかにしているものも存在しています。

 

ペットフードの着色料は避けて!

 

この場合見た目は華やかになってくるのですが、
着色料を体の中で分解する際に
臓器にも負担がかかってきてしまいますので、
ペットの健康にも悪影響が出てきてしまうのです。

 

ペットフードを購入するときには、
着色料の入っていないものを選ぶようにしましょう。

 

 

タンパク質が豊富なペットフードを選びましょう

 

また、ペットフードの選び方として、
たんぱく質が豊富に含まれているのかに
注目してみるとよいでしょう。

ペットフードの中には、
穀物など炭水化物を
多く含んでいる商品もあるのですが、

穀物ばかり多く含まれていても、
ペットの体を作ることができません

 

強い筋肉や体を作るためには、
動物性のたんぱく質が多く含まれている
ペットフードを購入する必要がありますので、

 

成分表をチェックして
たんぱく質の含有量の多い
ペットフードを選んでみるとよいでしょう。

 

 

ペットフードの選び方として、
着色料などの添加物が含まれていなかったり、
たんぱく質の含有量が多いものを選ぶことにより、
ペットの健康を守り
長生させるすることが可能になってくるでしょう。